講習会名:運動器超音波観察セミナー
タイトル:初級編・下肢、中級編
日  時:平成29年9月24日(日)10:00~13:00、14:00~17:00
場  所:全柔協東京事務所
参加者数:初級編・下肢6名、中級編5名
講  師:筋・骨格画像研究会 専属講師

初級編・下肢では、股関節アプローチ方法から始まりました。ポイントとして観察対象、肢位、ランドマークの位置を説明され、斜位横断面・大腿骨頚部長軸水平断面図から筋組織や骨の位置を確認し、講師によるデモで短軸・長軸走査方法を説明後に受講者同士で実技を体験されました。

続いて膝関節・足関節アプローチ方法について同様に実施しました。
中級編では主に座学による症例紹介をされました。
まず上肢から、肩関節アプローチの前方走査(腱板・大結節・結節間溝)、後方走査(棘下筋腱・関節唇)と肘関節アプローチの前方走査(外側野球肘・肘内障等)、内側走査(内側側副靭帯・内側野球肘)等と、様々な症例に対するプローブ走査方法や画像描出方法の説明をされました。

受講者はまず座学で説明を受けた後に実技体験をしましたが、前回の入門編を受講された方も多く、プローブ走査や描出についてスムーズにできている方が多く見受けられました。
実技時間も充分取れており、1人1人が時間をかけて体験できていました。座学でも多くの受講者が集中力を切らさずに熱心に受講されている印象を受けました。